障害者虐待の定義と種類

 障害者虐待の定義と種類について掲載しています。

1 障害者虐待防止法の対象となる「障害者」

 身體?知的?精神障害その他の心身の機能の障害がある者であって、障害及び社會的障壁により継続的に日常生活?社會生活に相當な制限を受ける狀態にあるものを言います。

2 障害者虐待とは

 1.養護者による障害者虐待、2.障害者福祉施設従事者等による障害者虐待、3.使用者による障害者虐待を言います。

3 障害者虐待の類型

 障害者虐待には以下の5つがあります。

障害者虐待の類型の詳細
類型 內容
身體的虐待 障害者の身體に外傷が生じたり、若しくは生じるおそれのある暴行を加えること。または正當な理由なく障害者の身體を拘束すること。
性的虐待 障害者にわいせつな行為をしたり、または障害者へわいせつな行為をさせたりすること。
心理的虐待 障害者に対する著しい暴言、著しく拒絶的な対応その他、障害者に著しい心理的外傷を與える言動を行うこと。
放棄?放置(ネグレクト) 障害者を衰弱させるような著しい減食、または長時間の放置等、養護を著しく怠ること。
経済的虐待 障害者の財産を不當に処分することその他、障害者から不當に財産上の利益を得ること。

障害者虐待防止法関係資料

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 基幹相談支援センター

電話:027-220-5714 ファクス:027-223-8856
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17號
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日