第1回前橋市障害者福祉計畫(第3次)策定懇話會議事録

審議會名

第1回前橋市障害者福祉計畫(第3次)策定懇話會

日時

平成27年9月18日(金曜日) 午後2時~3時30分

場所

保健センター4階集団指導室

出席者

(委員)飯島委員、高橋委員、長岡委員、石坂委員、原澤委員、石田委員、直田委員、阿久澤委員、中村(一)委員、村山委員、小倉委員、福田委員、神保委員、栗原委員、須田委員、鈴木(利)委員、中村(繁)委員

(事務局)宮下福祉部長、西潟障害福祉課長、鈴木課長補佐兼福祉サービス係長、福島課長補佐兼生活支援係長、萩原障害政策係長、山口副主幹、久住主任、伊瀬主任、安田主事

欠席者

(委員)鈴木(隆)委員、高安委員、原委員

議題

  1. 會長?副會長の選任について
  2. 前橋市障害者福祉計畫(第3次)の策定について
  3. 策定の年間スケジュールについて
  4. アンケート調査の実施について
  5. 前橋市障害者福祉計畫(第3次)の構成(案)について

會議の內容

(1)開會(司會:西潟障害福祉課長)

(2)委囑狀の交付

 山本市長から出席委員に対し委囑狀が手渡された。

(3)市長あいさつ

(4)委員の自己紹介

(5)事務局職員の紹介

(6)議事

 會議に先立ち、行政の公平性の確保と透明性の向上のため、會議及び會議録が公開であることを説明。

1.會長?副會長の選任について

 前橋市障害者福祉計畫(第3次)策定懇話會設置要綱第4條の規定に基づく委員の互選により、會長に鈴木委員(群馬醫療福祉大學)、副會長に直田委員(赤城野荘相談支援事業所)が選出された。

2.前橋市障害者福祉計畫(第3次)の策定について

(資料1-1、資料1-2に基づき事務局より説明)

3.策定の年間スケジュールについて

(資料2に基づき事務局より説明)

4.アンケート調査の実施について

(資料3-1、資料3-2に基づき事務局より説明)

5.前橋市障害者福祉計畫(第3次)の構成(案)について

(資料4-1、資料4-2に基づき事務局より説明)

6.質疑応答

(A委員)

 2點について確認したい。1點目は「資料3-1 アンケー調査概要」についてである。一般市民調査の対象者の抽出方法についてお聞きしたい。まったくランダムではないだろうが、計畫の「周知」に関わってくるためである。今の段階で確認しておきたい。2點目は「資料4-2 障害者福祉計畫(第3次)の構成(案)【詳細】」についてである。擔當課が右に記載されているが、この計畫にはいろいろな課が関わってくる。計畫策定は障害福祉課が中心になって進めていくのだと思う。それはよいが、擔當課とのやりとりや連攜は策定プロセスにおいてあるかをお聞きしたい。

(事務局)

 1點目については、年齢と地區の偏りのないように、20代から80代までの市民を住民基本臺帳より抽出した。「現在、この計畫をつくっている」という周知の意味もあってそのような抽出を行った。2點目については、各課とやりとりを行う予定である。10月頃に擔當課への個別ヒアリング等を実施する。施策の進捗を確認するとともに今後もぜひ進めてほしいということも伝えながら、ヒアリングを行っていきたい。

(A委員)

 先ほどの2點目に関し、ヒアリングの前に各課へアンケートをするようなこともあるか。

(事務局)

 行う予定である。障害者施策に関する事業を行っているものがあれば報告するよう投げかけをし、もちろん「資料4-2 障害者福祉計畫(第3次)の構成(案)【詳細】」に掲げている以外にも施策があれば追加で報告を求める調査を各課にかけたい。その結果に基づき、それぞれの擔當課での取り組み狀況を聞き、現計畫の87事業を超える事業を新計畫に掲げられるようにしていきたい。また、現計畫の87事業についても、継続しているものや殘念ながら縮小?廃止のものもある。進捗評価について調査を行い、公表できるものがあれば次回の第2回懇話會などで報告したい。

(B委員)

 「資料2 年間スケジュール」について確認したい。これからの予定をみると、來年の3月までのスケジュールとなっているが、11月の第2回策定委員會(庁內)で素案をつくり、11月下旬の第2回策定懇話會で検討という認識でよいか。また、その後12月に各課の最終調整が行われ、市民からパブリックコメントをとる。いろいろな意見をとりまとめて來年2月に計畫を確定させ、第3回策定委員會でほぼ原案を固め、2月末の第3回懇話會で結論を出すという理解でよいか。

(事務局)

 お見込のとおりである。10月に各課ヒアリングを行い個別施策の調査を行い、11月中に素案(たたき臺)をつくって、本會に提示したいと考えている。本日は第1回のため會議資料は當日配布となっているが、委員皆様に十分検討していただくための時間を確保するため、次回は資料を事前に送付させていただく。お目通しいただいた上で活発な議論をお願いしたい。現時點での施策の狀況をヒアリングした結果を踏まえ、計畫素案として肉付けして提示する予定である。なお、本日も資料に「意見票」を入れており、新しい施策の提案などもお願いしたい。委員皆様の意見を各課に提示し、考えてもらうこともできる。ご意見はいつでもお待ちしている。そのような形で素案をつくっていきたい。策定員會は庁內部長級で構成しているが、この策定委員會で素案等を了承いただき、その後外部識者で構成されるこの懇話會にお諮りするという流れを想定している。次回の第2回懇話會でまずたたき臺を出し、修正すべき點があれば修正案をつくり、12月から年末にかけてパブリックコメントにより市民の意見を吸い上げる。パブリックコメントを踏まえた案を幹事會(課長級)にかけて各課に施策の確認をとる。その後、2月中旬に原案を固め、最終的にこの懇話會でご了承いただければという組み立てを考えている。

(B委員)

 私たち懇話會メンバーとしては、今後2回(11月?2月)の懇話會で意見を述べる機會があるという認識でよいか。

(事務局)

 お見込みの通りである。

(7)その他

  1. 質問や不明な點等がある場合は、配布してある「意見票」にて隨時、事務局あて照會して欲しい旨連絡。
  2. 次回會議の開催日程
    第2回懇話會は11月下旬の開催を予定(日時、場所等決まり次第、後日事務局から連絡)

(8)閉會

配布資料

【資料1-1】前橋市障害者福祉計畫について
【資料1-2】國の障害者基本計畫(概要)
【資料2】年間スケジュール
【資料3-1】アンケート調査概要
【資料3-2】アンケート調査項目
【資料4-1】障害者福祉計畫(第3次)の構成(案)
【資料4-2】障害者福祉計畫(第3次)の構成(案)【詳細】
【資料5】前橋市障害者福祉計畫(第3次)策定懇話會設置要綱

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 障害政策係

電話:027-220-5713 ファクス:027-223-8856
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17號
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日